• IntraGuardianSmart

    IntraGuardianSmartは従来の不正接続端末の検知/排除/通知だけでなく、UTM(Unified Threat Management)機能を搭載した統合アプライアンスです。UTM機能は株式会社テクノルのMRBシリーズに搭載されているWEBROOTエンジンを採用しています。

    UTM機能

    ファイヤウォール機能、ウイルスチェック機能、迷惑メール判定機能、URLフィルタリング機能、IPフィルタリング機能、ログ機能を有しています。

    不正接続PC検知/排除/通知機能

    IntraGuardian2+と同様に、同一ネットワーク上における不正接続端末の検知/排除/通知が可能です。ルータ接続時はLAN内の監視を行い、ブリッジ接続時は本機の内側、外側どちらのネットワークも同時に監視することが可能です。また、任意の端末を本機へ登録することで、排除の対象外(許可端末)とすることが可能です。

    ※本機への登録は、後述の「IntraGuardian Cloud Manager」で行います。

    Wi‒Fi対応

    2.4GHz帯、5GHz帯の両方に対応しています。
    本機によるWi‒Fi接続端末、又は同一ネットワーク上のアクセスポイントに接続された端末、いずれも監視対象となります。

    クラウドコンソール「IntraGuardian Cloud Manager」

    複数拠点、及びネットワークに設置されたIntraGuardianSmartのポリシー設定をまとめて変更することが可能です。

    ※SKYSEA対応版はクラウドコンソールの代わりにSKYSEA Client Viewをご利用いただけます。

    ルータ接続/ブリッジ接続に対応

    接続方法は、本機をルータとして利用するルータ接続、既設のルータを活かしたブリッジ接続の2種類から選択可能です。

    オートコンフィグに対応

    初期設定は、株式会社インターネットイニシアティブの特許技術であるSMFv2を採用しているため、機器の到着後は電源を投入するだけで自動的にクラウドコンソールへ接続します。これにより導入コストを大幅に削減することが可能です。

    ※本機はインターネット接続が必須となります。回線のご契約、及び費用はお客様のご負担となります。

    製品仕様

    • 最大40,000台(IntraGuardian Cloud Managerの機能に準ずる)
    • 2.4GHz、又は5GHz (11b/a/g/n)
    • WPS2‒PSK(AES)
    • 約5.4W
    • 単相100V (付属のACアダプターを利用)
    • 温度:0~40℃ 湿度:10~90%(結露なきこと)
    • W 174mm × H 33mm × D 111mm
    • 約300g

    IntraGuardianSmart販売店情報

    • ネットチャート株式会社 (神奈川)
      IntraGuardianシリーズの販売、サポートは2013/04/01よりネットチャート株式会社へと移管されました。
      お問い合わせは、下記窓口までお願い申し上げます。
      ネットチャート株式会社
      〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-15-10 YS新横浜ビル8F
      担当窓口:営業本部 IntraGuardian2+販売チーム
      E-mail:ig2-info@ncj.co.jp