• ATGateway

    「ATGateway(エーティーゲートウェイ)」は社内外への添付ファイルの出入りを厳格に管理するための情報セキュリティ管理システムです。「ATGateway」は添付ファイル付きのメールから添付ファイルのみを自動的に分離します。受信者に対してはメール本文のみが送り届けられるため、無闇やたらに発生する添付ファイルの出入りを防ぐことが可能になります。分離した添付ファイルは自動的にファイルサーバに格納され、Webブラウザを使用してチェックアウト(ダウンロード)することができます。添付ファイルのチェックアウトには認証が必要で、さらに「いつ誰が何処で」といった履歴の蓄積も行われるため、履歴管理・持出し管理を容易に実施することが可能になります。添付ファイルの管理強化に絶大な効果が期待できる「ATGateway」は、コンプライアンスや情報漏洩対策、内部統制対策として最適なソリューションです。

    添付ファイル分離機能

    社外へ送信するメールおよび社外から受信するメールから、添付ファイルを分離することで直接的な添付ファイル付メールの送受信を防止します。社外に対して添付ファイルの直接送信禁止というルールを徹底させると同時に、無用な添付ファイルを受信することにより発生するリスクを徹底的に排除することが可能になります。

    パスワードチェック機能

    社外へ送信するメールの添付ファイルにパスワードの設定を義務付ける運用を強制的に実施できます。パスワードの設定されていない添付ファイルを含むメールを社外へ送信しようとした場合、即座に送信者へメールを差し戻し、メールの送信を拒否することが可能です。

    ※ 現在はZIPファイル形式のみに対応しています

    自動パスワード付与機能

    パスワードの設定されていない添付ファイルを含むメールを社外へ送信しようとした場合に「ATGateway」が自動的にパスワードを付与することで、送信者のパスワード設定ミスによるトラブルの発生を防ぐことが可能になります。

    ※ 現在はZIPファイル形式のみに対応しています

    送信ファイル管理機能

    社外へ添付ファイル付メールを送信した場合、社外の受信者にはメール本文と添付ファイルをチェックアウト(ダウンロード)するためのURLを記載したメールが自動的に送信されます。また、添付ファイルのチェックアウト時の認証に必要なワンタイムパスワードを記載したメールも別途自動的に送信されます。社外の受信者はメールに記載されたチェックアウト用のURLへアクセスし、ワンタイムパスワードを入力することで、メールに添付されていたファイルをチェックアウトすることが可能です。社外の受信者が添付ファイルをチェックアウトした時点で、送信者に対してチェックアウト完了通知が自動的に送信されるため、送信者は社外の受信者が確実に添付ファイルを入手したことを確認することができます。

    受信ファイル管理機能

    社外から添付ファイル付メールを受信した際、受信者にはメール本文と添付ファイルをチェックアウトするためのURLを記載したメールが自動的に送信されます。受信者は記載されたチェックアウト用のURLへアクセスすることで、メールに添付されていたファイルをチェックアウトすることが可能です。

    自動削除&お知らせメール機能

    ファイルサーバに蓄積された添付ファイルデータは、所定の保存期間を経過すると自動的に削除されます。ただし、添付ファイルが一度もチェックアウトされていない場合には、保存期間終了前の時点で受信者に対して「お知らせメール」を送信することでチェックアウト忘れを防止します。

    ファイル検索&履歴検索機能

    送信日時、送信者、タイトルなどのキーワードでファイルマネージャに保存された添付ファイルの絞り込み検索が可能です。同様に、添付ファイルのチェックアウト履歴についても検索することができ、いつ・誰が・どのマシンに当該添付ファイルをダウンロードしたのかを即座に追跡可能です。

    送信後にキャンセル可能な「誤送信対策機能」

    送信済みのメールをキャンセル(*)する「誤送信対策機能」を備えています。送信メール一覧画面から、任意のメールを選択してキャンセル・保留といった操作を行うことができます。また、一覧画面では添付ファイルが既にダウンロード済みかどうかの確認も可能です。

    ※ 添付ファイルのダウンロードを停止する機能であり、メール本体の送信をキャンセルする機能ではありません。

    ファイルサーバに保存されるファイルは全て「暗号化」済み

    ファイルサーバに保存される全ての添付ファイルに「AES暗号(米国政府の次世代標準暗号化方式)」を施すことにより、万一、ファイルサーバへ不正アクセスが行われた場合であっても、保存データの安全に守ります。

    製品仕様

    • Linux Kernel 2.6
    • 最大300ユーザ
    • ハードウェア毎に1ライセンス必要となります
      ※ 仮想マシン環境においても同様にライセンスが必要です

    ※ 製品仕様は、お客様のご要望に合わせて、柔軟にカスタマイズ可能です